喜満満猫の癒される暮らし

難病とともに、今できることに感謝してパワフルに生きる己書家【喜満満猫】のブログ

【城崎の花火《77》】社是が起こした奇跡

こんにちは。

喜満満猫です。

いつも訪れていただき、本当にありがとうございます。

【城崎の花火《76》】から続きます。 

 

kimamaneko.com

 

 必死にうかがう経営理念

わたしは、社長さんから経営理念を、

ひとことも聞き漏らさないよう注意しながら、

必死で、こころと頭で記憶しました。

少し、社長さんの表現でわからないところは、

『ちょっと待って、ん?どういう意味?』

と確認したり、納得するまで聞いたりしました。

f:id:kimamaneko-miwa:20210106162613j:image

小さな頃からよく知っていますが、

少し口下手なところのある社長さん。

だからこそ、経営理念を形にして、

ひとにも自分にも伝わる形で

表現したいのだろうと察しました。

 

先代の笑顔

ひととおり話を詰めて、家に帰った喜満満猫。

ずーんと、こころの奥深いところに、

何かよくわからない感情が湧きあがってきました。

なぜかふと、先代の社長さんの笑顔が浮かびました。

f:id:kimamaneko-miwa:20210109170256j:image

天国で息子さんのこの話を聞いて、

きっと喜んでくださっているのだと思うと、

涙がつうっ…と流れてきました。

 

社長さんの笑顔

正直言って、社是とはこういうものだという、

固定概念のないわたし。

ありきたりの社是でなくていい、

喜満満猫の思うまま、お願いしますという社長さん。

『いつでもいいです。

どんな風にしてもらうのかもお任せします。』

そういうふうにおっしゃると、

にっこりと微笑みました。

f:id:kimamaneko-miwa:20210109202518j:image

なんだか先代の社長さんの笑顔と重なり、

胸がいっぱいになりました。

 

喜満満猫の決意

今あらためて思うと、

すごい信頼をいただけたのだな…と思います。

会社の大事な方向性を決める社是。

わたしがもし社長だったら、大事な会社のことは、

素人同然の知り合いに頼もうとは思いません。

そう考えると、うれしかったですね。

一生懸命取り組もうと思いました。

 

会社への愛情

私は、社長さんの気持ちとシンクロさせて、

無心になって『降りてくる』のを待ちました。

社長さんが、どんなに周りに感謝し、

会社を、社員の方々を愛しているのかを

感じながら。

『亡き父が自分に託してくれたこの会社を

大切に経営していきたい。』

そんな気持ちが、わたしの心の奥に、

湧き上がってくるのを感じました。

湧き上がったこの愛情を、感謝を、

あとは形にするだけ。

f:id:kimamaneko-miwa:20210110104944j:image

イメージがぱらぱらと『降りて』きました!

忘れないうちに…と思い、

すごい勢いで描きました。

なんとなくですが、先代の社長さんが

力を貸してくれたような気がします。

 

社是、完成!

できあがったのは、

色紙サイズの額を5枚、

B4サイズの額1枚の合計6枚。

大安吉日にお届けしました。

f:id:kimamaneko-miwa:20210110105634j:image

先代社長の奥様である、

今の社長さんのお母さまが、

色紙額につづられたその理念を見て、

涙を浮かべられました。

息子さんが、旦那さまの遺した会社を、

こんなにも愛してがんばろうとしてくれている。

親子だからこそうまく言葉に出せないでいた、

社長さんのこころからの想いを、

社是という形で知ったわけですね。

 

社是が起こした奇跡

ありがたいことに、現在その社是は、

神棚のとなりに用意してくださった場所に、

大きく飾っていただいてます。

f:id:kimamaneko-miwa:20210110122339j:image

先代の奥様は、こうおっしゃいました。

『社是を飾らせていただいてから、

ほんとうに忙しくて。

ありがたいことに仕事が回るんですよ。』

お母さまの経理のお仕事の合間に、

ふと顔をあげたらこの社是が目に入って、

ああ、ほんとうにありがたいな、

その通りだなと思えると。

忙しいことがうれしくて、

社是を見ながらがんばれるのよと、

おっしゃいました。

 

己書が起こした奇跡

f:id:kimamaneko-miwa:20210110113926j:image

こんなに喜んでもらえるなんて…。

自分のためではなく、ひとのために描き、

それがひととひとの心を結びつける。

己書が起こした奇跡を目の当たりにして、

いちばん驚いたのはわたし自身でした。

こうして、未熟ながらも喜満満猫の初仕事は、

無事に喜んでいただけることができました。

このことがわたしの人生の流れを変える、

大きな出来事となったのです。

 

【城崎の花火《78》】に続きます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

⇩応援クリック、よろしくお願いします(⌒∇⌒)

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/7np44qgo3gar/