喜満満猫の癒される暮らし

難病とともに、今できることに感謝してパワフルに生きる己書家【喜満満猫】のブログ

【城崎の花火《71》】船出〜喜びに満ち満ちて

こんにちは。

喜満満猫です。

いつも訪れていただき、本当にありがとうございます。

【城崎の花火《70》】から続きます。 

 

kimamaneko.com

  

『喜満満猫』としての船出

f:id:kimamaneko-miwa:20201119095930j:image

雅号【喜満満猫】を名乗ると決めたわたしは、

日本己書道場の本部に提出する、

いろんな書類のあれこれに、緊張しながら、

『喜満満猫己書道場』

と、書き込みました。

いざ、書いてみるとこれがまた、

しっくり来るんですね。

不思議なんですが、ずっと前からこの名前を使っていた気さえします。

なんだか気恥ずかしいけれど、

誇らしい気持ちが大きかったです。

いよいよ『喜満満猫』としての船出です!

 

喜びに満ち満ちて

f:id:kimamaneko-miwa:20201120204834j:image

わたしにとって、己書は、

『喜びに満ち満ちて、描きあげるもの』。

それこそ気ままに、

絵と字が天から降りて来るのを待って、

気持ちをたっぷり込めて描いていこう。

喜びに満ちた気持ちでないときには、

無理に描くことはせず、

わたしの己書を観た人が、

必ず癒されるような、そんな作品を描いていこう。

そう腹の底から決意して、

想いを込めて書類一式を提出したのでした。

 

認定式

2018年の年末が押し迫った12月も半ば、

ホテルにて第22期師範認定式が、

行われました。

同期の7人は、全員合格でき、

一緒に華々しく認定式を迎えることができました。

f:id:kimamaneko-miwa:20201120200256j:image

私たちの直接の師範は、

7人並んだわたしたちを、

誇らしく、うれしそうに眺めていました。

この日、全国で約100名ほどの師範が、

誕生しました。

 

看板の重み

ぷんといい木の香りと、ずしりとした重み。

自分の道場名『喜満満猫己書道場』を、

大胆で勢いがあって品格のある、

総師範の文字で書かれた看板。

総師範からその看板を、

舞台上でうやうやしく受け取ったとき、

ようやく、実感が生まれてきました。

己書の道場師範になれた…!!

f:id:kimamaneko-miwa:20201120213902j:image

 

生まれたばかりの看板

手の中に抱かれた、看板を見つめながら、

うれしさを噛みしめました。

それは、今まで感じたことのない、

格別なものでした。

赤ちゃんを抱くように、そうっと、

そして落とさないようにしっかりと、

抱きしめました。

f:id:kimamaneko-miwa:20201120200232j:image

そして、同期の7人全員の看板を並べて、

写真を撮りました。

希望を胸に、これからが始まりです。

志を同じくする、素敵な仲間に囲まれて、

ほんとうに幸せだと、

感謝の気持ちで胸がいっぱいになる、

喜満満猫でした。

 

【城崎の花火《72》】に続きます。

 

kimamaneko.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

⇩応援クリック、よろしくお願いします(⌒∇⌒)

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

https://ping.blogmura.com/xmlrpc/7np44qgo3gar/